洋楽ハック!歌詞和訳サイト

洋楽の和訳・翻訳、海外アーティスト情報を発信!Lyrics Translate English - Japanese 


新曲発表?世界中の恋する乙女の味方、Taylor Swift(テイラースウィフト)のおすすめ人気曲10選!

sponsored

心に響く恋愛ソングをリリースし続ける女性洋楽アーティストTaylor Swift(テイラー・スウィフト)をご紹介します。Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の洋楽歌詞和訳一覧はこちら

 デビュー当時には、カントリーソングシンガーとして活躍。そして近年、曲のイメージを変えて新しいテイラー・スウィフトとなりました。


さらに、髪型もロングカーリーなヘアスタイルからショートヘアスタイルとなり、素敵な大人の女性になりました。曲調やスタイルが変わっても、男女問わず、全世界の人々から愛されるテイラー・スウィフト。


記事の最後には、数ある楽曲の中から、厳選したおすすめ曲を紹介しております。デビューアルバムから最新アルバムまでを総合したおすすめ曲なので、テイラー・スウィフトの歴史も感じられる楽曲集になっています。是非ご覧になり、一度聞いてみて下さい。

 

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)とは

  • Taylor Swift (テイラー・スウィフト)
  • 本名:Taylor Alison Swift (テイラー・アリソン・スウィフト)
  • 生年月日:1989年12月13日(現在27歳)
  • 出身:アメリカ合衆国ペンシルベニア州
  • ジャンル:カントリー・ポップ
  • 職業:シンガーソングライター、モデル、女優
  • 身長:178cm(ファンの間では180cmを超えているのでは?と言われています。)
  • 体重:55kg


歌手でありながら、モデルや女優も務めるテイラー・スウィフト。あのVictoria’s Secret(ビクトリアズシークレット)の一流モデル達にも劣らない完璧な魅力を持つ、シンガーソングライターです。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)が生まれるまで

テイラー・スウィフトは、1989年12月13日にアメリカ合衆国ペンシルベニア州で生まれました。銀行員の家系で銀行でのアドバイザーをしている夫と専業主婦の母、そして弟Austin Swift(オースティン・スウィフト)と共に暮らしていました。

幼少期には、歌手というよりも、乗馬や信仰していた自分の宗教を主に趣味としていた女の子。そんなTaylor Swiftの人生を変えたのは、プロのオペラ歌手であったテイラーのおばあちゃん。


そして、カナダ出身のカントリー歌手Shania Twain(シャナイア・トェイン)の影響により自分もカントリー歌手になることを決心。二人の魅力に衝撃を受けたそうです。
11歳の頃まで、テイラー・スウィフトは地元のイベントやコンテストなどに出演していました。しかし歌手を目指したものの花を咲かせることができませんでした。

そんなテイラー・スウィフトを現在の人気アーティストにしたのは、地元のタレントコンテスト!ここで見事に優勝を勝ち取ったテイラー。12歳を境に、徐々にギターと共に、自分で曲を書き始めます。

そして、後にBig Machine Records(ビッグ・マシーン・レコード)と契約を結び、ヒット曲であるTim McGrawやOur Song等をリリースしました。これらの楽曲は、カントリーミュージックで上位をキープ!ここからテイラー・スウィフトのキャリアが花を咲かせ急成長していったのです。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)とNashvilleの関係性って?

テイラー・スウィフトの出身地はアメリカ合衆国ペンシルベニア州です。が・・・なぜ?ナッシュビルなの?と思う方も多いと思います。その真相をテイラー本人がメディアに語っています。


‘When I was about 10years old I was obsessed with watching biography TV show about Faith Hill and Shania Twain.’
「私が10歳の頃、テレビの番組でフェイス・ヒルとシャナイア・トェインについての放送を狂ったように見ていたわ」
‘Both of them went to Nashville to start their careers.’「二人とも、彼女らのキャリアをスタートさせる為に、ナッシュビルに向かったのよ。」


これが、テイラー・スウィフトがナッシュビルに向かう最初のきっかけとなったようです。そして、テイラーはお母さんにナッシュビルに連れて行って貰えるように頼みます。お母さんは、テイラーと弟を連れてナッシュビルへ!テイラーのDEMOテープを持ち音楽レーベルを片っ端からまわったそうです。

それでも中々高評価を得ることが出来ずにいたと語っています。しかしテイラーが13歳の頃、レーベルからオファーを受け契約を結ぶところまでたどり着き、ナッシュビルに引っ越すことになったそうです。

ということで、ナッシュビルはテイラー・スウィフトにとって、思い出の地。大好きな尊敬するカントリー歌手のキャリアのスタート地点。そして、自分のキャリアのスタート地点。様々な思いの詰まった場所です。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)にとって大切な13という数字って?

この13という数字はテイラーにとっては、ラッキーナンバーなのです。Taylor SwiftのファンSwiftieは必ず知っているので、コンサート等イベントの際は13を手の甲に書いたり、応援ボードにも必ず書いたりします。

なぜ、13が幸運の番号なのかというと・・・

  • テイラーは12月13日生まれ
  • 初恋が13歳の時
  • テイラーは13日の金曜日に13歳の誕生日を迎えた
  • テイラーがはじめて1番を取った曲のイントロ部分が13秒
  • ミュージックアワードなどの祭典で、賞を受賞する時の座席が13にまつわる席
  • はじめてリリースしたアルバムがゴールドディスク認定された期間が13週

などなど。13という数字はテイラーにとって意味のある、なにか奇跡が起こるミラクルな数字です。ツアーの際も手の甲に13のナンバーを入れ気合いを入れるなど、13に何か神秘的な物を感じているのだそうです。

ラッキーナンバーのようにテイラーを象徴する物があると言うことは、ファンにとってもとても嬉しいことです。13という文字を通してテイラーとつながれるような気分になりますし、ライブの時も13を掲げられます。


そして、暗証番号や自分のラッキーナンバーとして使えば、テイラーのファンとして嬉しい気持ちになりますよね。またいつか、13にまつわる奇跡が起こるかもしれません。いつかの13日にテイラーがアルバム発表やツアーの発表等、重大発表をするかも・・・?

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の現在

現在のTaylor Swiftは、今まで以上に人気がある女性アーティストに成長しました。
しかし、つい最近まで自分のプライベートを守るためにひっそりと過ごしていました。
SNSにも一切投稿をせず、街中でもパパラッチに写真を撮られないようにしていたとか。
自分の生活を必死に守っていました。SNSのフォローを全て解除。さらに投稿を全て初期化。「心配だ」「大丈夫なの?」「もう駄目なのかな?」などファンからは声が上がっています。
しかし、ついにTaylor Swiftは何かが動いているような不思議な動画を投稿しました。
何かの発表をする兆しを見せたテイラー・スウィフト。ファンの緊張と期待が高まっています。
噂では、新曲またはアルバムの発表なのでは??と言われています。現在のテイラー・スウィフトのSNSのフォロワー数は以下の通り。人気が衰えません。

Twitter: 5830万人(2017年8月23日現在)

 

Taylor Swift はファン想いなアーティスト

Taylor Swiftのファン。通称Swiftie(スウィフティ)はテイラーを心から愛するファン達。そのファン達をテイラーも心から愛しています!

テイラーは自らの自宅にファンを招き、VIPパーティーを開催したり、RED(レッド)というアルバムが発売される際も、自分のナッシュビルにある自宅にファン達と共に発表しました。そこでも、大好きなファンと共に音楽を作っていきたいと話しています。

★ナッシュビルにて行われたイベントの様子もご紹介します。

そんなテイラーは、幼少期に周りの女の子達にいじめられていたそう。辛い思いを沢山乗り越えてきた彼女だからこそ、周りの人へ暖かく対応できる優しい女性、シンガーソングライターなのでしょうね!

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)からのプレゼント Web Chat

テイラーが2012年に発売したアルバム「RED」(レッド)。このアルバムのリリースを発表する際、テイラーは思い出の地ナッシュビルの会場にファン達を招待。さらに、その模様を全世界配信しました。

このライブ配信では、当時未発表未発売だったアルバムREDのジャケット写真。そして、アルバムから複数の楽曲をアコースティックバージョンで演奏。さらに、会場に招待したファンからの質問やライブ配信の際のチャットにて、遠方に住むファンからの質問を直接受けるという超豪華なイベントを行いました。

その後、2014年8月にもテイラーはニューヨークにてファンと共に重大発表を行っています。この模様も勿論ライブ配信されました。テイラーは、何かの重大発表がある時は必ずと言って良いほどファンを招待し、ファンと時間を共有しています。

ファンを愛するテイラー!

そして、ファンから永遠に愛されるテイラーはこのような部分から生まれるのだと実感します!時差があり、会場にも行けない日本のSWIFTIESにも、嬉しいテイラーからのプレゼントです!今後もこのようなライブ配信がある事を楽しみに祈りましょう。

2012年8月12日Taylor Swift Web Chatより
アコースティックパフォーマンス


Taylor Swift - Acoustic Performances from RED Album

2014年8月18日Taylor Swift Live streamingより(一部)


Taylor Swift Worldwide Livestream on Yahoo HD | August 18, 2014 PART 1

二つのライブ配信の一部をご紹介しています。さらにご覧になりたい方はYouTubeにて検索してみて下さい。


心からオススメしたいTaylor Swift(テイラー・スウィフト)のおすすめ曲10選

1. Our Song


Taylor Swift - Our Song


2006年に発売されたアルバム「Taylor Swift」に収録されている曲です。題名が「私達の曲」という通り、歌詞はとっても乙女チックで可愛いです。
聞きたい曲が無いと思っていた彼女。それに対して、彼が甘い言葉や思い出が自分たち2人の曲だと言う内容です。いつも寂しい曲が多かったテイラーのアルバムですが、Our Songはとってもハッピーでかわいい1曲に仕上がっています。
恋人とデートをする際やでかける準備をする時に是非聞いて貰いたい一曲です。

2. Love Story(ラブストーリー)


Taylor Swift - Love Story

アルバムFearless(フィアレス)からの一曲。ミュージックビデオからも想像出来るように、この曲はロミオとジュリエットのような恋を描いた作品です。

父に反対される恋。それでも恋人に会いたいが為に、人目を盗んで会う。しばらくして、ロミオが姿を現さない為、終わりなのかと思ってしまうジュリエット。しかし、ロミオはジュリエットの父を説得に成功したのです。
結婚しようとプロポーズをするロミオ。ロマンチックな恋のお話を綴った楽曲です。

3. You Be Long With Me(ユー・ビーロング・ウィズ・ミー)


Taylor Swift - You Belong With Me

Love Storyと同じディレクターと共に作成したミュージックビデオの1曲。Billboard’s Hot country songs(ビルボード・ホット・カントリーソングス)では1位を勝ち取った曲です。その他の賞でも優秀作品となっています。

彼女がいる男性に思いを寄せる女の子。しかし、その男性の恋人は自分よりも綺麗で人気がある魅力溢れる人物。でも、自分はその女性よりも彼にあっている!とひっそり思いを寄せている様子を描いています。
テイラーの友人の中にも、この曲のように友人の彼氏と連絡をとって付き合っていた・・・なんて事があったようです。テイラーの魅力が溢れるミュージックビデオも、曲に沿ったストーリーになっています。結末が気になる方は是非ご覧下さい。

 

4. Mine (マイン)


Taylor Swift - Mine

こちらは2010年発売のアルバム「Speak Now」の中からの1曲。そして、歴代の曲の中でも最も代表的なテイラーの作品です。テイラースウィフトと言ってもピンと来ない人も、この曲を聴けば「あー!」となる方が多いのでは無いでしょうか?

ポートランドで撮影されたMineのミュージックビデオはとっても綺麗で可愛い雰囲気です。曲の背景は、両親の喧嘩を頻繁に目にしながら過ごしてきた一人の女の子の人生。
彼女が大きくなりテイラー演じる女性に成長します。
あるカフェでも喧嘩をするカップルを見て呆れるテイラー。「そんな人生では駄目だ」「私はそんな風にはなりたくない」と思いながらも、やはり恋は順調にいかない物ですよね。
様々な困難を乗り越え、喧嘩もしながら成長していく恋人同士を描いています。エンディングでは、出会いからいままでの出来事がフラッシュバックし、この瞬間の幸せを噛みしめるといストーリーになっています。

キュートなテイラーとハンサムな相手役のToby Hemingway(トビー・ヘミングウェイ)の演技にもご注目してください。

Toby Michael C.A Hemingway (トビー・ヘミングウェイ)
生年月日:1983年5月28日(現在34歳)
出身:イングランド・ブライトン

5. Mean (ミーン)


Taylor Swift - Mean

こちらもSpeak Nowからの1曲です。周りから冷たい視線を浴びせられたり、酷く当たられたりする人々。最初はそうでも、後にそんな人たちを見返してやるから今は頑張るんだ。という内容の楽曲。
実際幼少期に周りから苛められることもあったテイラー・スウィフト。その頃の気持ちを曲にしたそうです。

何か壁にぶち当たり辛くなったとき、私もこの曲を聴いて頑張っています。
苛められている状況にいなくても、辛いときに聞くと頑張ろうと元気がでます。

 

6. Red(レッド)


Taylor Swift - Red

Redは2012年にリリースされたアルバム「Red」からの楽曲。出会い恋をした男性への想いを色にたとえた内容の曲。たしかに・・・と共感できます。

このアルバムが半分ほど完成した際に書いた1曲で、アルバムRedの印象をがらりと変えるきっかけの曲になったそう。幸せと怒りの感情を連想させる色「赤」をテーマに書いたそうです。

7. Stay Stay Stay(ステイ・ステイ・ステイ)


RED - Stay Stay Stay - Taylor Swift (Audio)

イントロから流れるウクレレの軽快なリズムで始まるStay Stay Stay。曲の内容は、「こんな私には、あなたしか居ないわ」と恋人への愛を遠回しに可愛く伝えている曲です。
喧嘩をしても、もう別れましょうとなっても、最後にたどり着く考えは「一緒に居ること」。とっても可愛いですよね。

‘This morning I said we should talk about it’
‘That’s when you came in wearing a football helmet’
「今日の朝、やっぱり話し合うべきよと言った時、あなたはフットボールのヘルメットをかぶって入ってきた」
なんてかわいらしい彼なんだろうと、喧嘩していても笑顔になってしまいそうな、女の子心をくすぐる歌詞です。こんな関係を築けたら、良いカップルになれますね。

8. 22(トゥエンティー・トゥ)


Taylor Swift - 22

この曲は、テイラーが親友達と過ごす1度きりの夏を描いた曲。「今後、自分たちがどこに行くのか、どんな事をするのか分からないが期待を寄せている」そんな様子を歌っています。
ミュージックビデオに出演している女性達、男性達は殆どがテイラーの実際の友達だそうです。そして、ビデオ中で着用している洋服は、個人持ちが多いそうです。

アップテンポで明るい曲調、楽しそうなミュージックビデオ。パーティーで流せば盛り上がること間違いないしの1曲です。

 

9. Welcome to New York(ウェルカム・トゥー・ニューヨーク)


Welcome To New York

2014年に発売されたアルバム「1989」よりWelcome to New York!ここ数年、テイラーが活動拠点としているニューヨークを舞台とした1曲です。
言葉では説明できない独特な雰囲気や活気があるエレクトロニックシティのニューヨークを表現したそうです。活動拠点をどうしてもニューヨークに移したかったテイラーは、このアルバムをきっかけに自分のスタイルもがらりと変えました。
新天地に移住し、拠点も移し、音楽スタイルも変えたテイラーの活躍に期待できるアルバム「1989」の1番目にふさわしい楽曲となっています。

ニューヨークに行く際は、是非この曲を聴いて下さい。

 

10. Bad Blood(バッド・ブロッド)


Taylor Swift - Bad Blood ft. Kendrick Lamar

最後におすすめしたい曲は様々なテイラーの友人(歌手から女優、モデルまで)と共に制作したユニークなミュージックビデオで有名なBad Bloodです。
Kendrick Lamarとフューチャリングしたクールなアップテンポな曲。豪華な客演で話題になりました。この1曲が発表される際に出演者が一人ずつ発表されましたが、ファン達はどんなメンバーで構成されるのかどきどきが止まらないという声が。

以下、ミュージックビデオ出演者を説明します。

Bad Blood出演者および役名
  • Taylor Swift(テイラー・スウィフト):Catastrophe
  • Selena Gomez(セレーナ・ゴメス):Arsyn
  • Cara Delevingne(カーラ・デルヴィーニュ):Mother Chucker
  • Ellie Goulding(エリー・ゴールディング):Destructa X
  • Jessica Alba(ジェシカ・アルバ):Domino
  • Karlie Kloss(カーリー・クロス):Knockout
  • Cindy Crawford(シンディ・クロフォード):Headmistress
  • Hailee Steinfeld(ヘイリー・スタインフェルド):The Trinity
  • Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー):Welvin Da great
  • Lily Aldridge(リリー・オルドリッジ):Frostbyte
  • Zendaya(ゼンダヤ):Cut-Throat
  • Hayley Williams(ヘイリー・ウィリアムス):The Crimson Curse
  • Gigi Hadid(ジジ・ハディッド):Slay-Z
  • Serayah(セラヤ):Dilemma
  • Lena Dunham(レナ・ダナム):Lucky Fiori
  • Martha hunt(マーサ・ハント):HomeSlice
  • Mariska Hargitay(マシュリカ・ハージティ):Justice

有名女優、モデルそしてラッパーまで。かなり豪華な1作となりました。ミュージックビデオは要チェックです!

 

最後に

以上、テイラースウィフトの紹介並びおすすめ曲10選でした。カントリーソングから現在のポップソングまで全世界が恋をする、ルックスも曲も完璧なテイラー・スウィフト。
恋する乙女に是非聞いて欲しい楽曲ばかりです。もちろん男性の方にも聞いて頂けるクールな曲も沢山あります。少しでも興味を持った方は是非、テイラーの曲を聴いてみて下さい!
スウィフティの仲間入りを果たして、活動再始動まであと少し!兆しを見せるテイラーを一緒に心待ちにしましょう。